VINAHOSTでのプライベートクラウドサービス

プライベートクラウドとは何ですか?アメリカ国立標準技術研究所(NIST – National Institute of Standards & Technology)によると、private cloud(プライベートクラウド)は、クラウドインフラが組織によって所有され、その組織のユーザーにサービスを提供するクラウドコンピューティングモデルとして定義されます。

プライベートクラウドは第三者によって運用され、クラウドインフラスが、プライベートクラウドを所有する組織の内部または外部(第三者のオペレーターまたは第四者)に配置できます。 ただし、顧客は常にソリューションの全費用を負担するものとします。

PRIVATE CLOUD

サービスの多様性を向上させるために、VinaHostはCloud Server Vietnamサービス、特に顧客向けの分散ストレージストレージ技術のプライベートクラウドモデルを提供しています。 VinaHostにプライベートクラウド仮想サーバーシステムを導入すると、ビジネスに多くのメリットがもたらされます。特に、次のようなメリットがあります。

  • リソースは仮想化され、企業内でのみ共有されるため、情報セキュリティのレベルが向上されること
  • システムのクラスターは1つ企業のみ提供されること
  • パブリッククラウドのように制限されていない、柔軟なリソースス拡張できること(CPU、RAM、ストレージ)。
  • 対応オペレーティングシステムに限定されないこと
  • 一元化された管理ツールを通じて、実際のニーズに合わせて構成やシステム設定を簡単にカスタマイズできます
  • 時間、ハードウェア、機器、ライセンスへの投資コストを節約すること
  • VinaHostのスタッフは、24/24ですべてのインストールおよび使用操作をサポートすること

つまり、従来の物理サーバーの代わりにプライベートクラウドを使用することで、企業はハードウェア・ネットワークインフラを最適化し、ハードウェアの使用効率を向上させ、リソースの割り当てと取得が便利に管理されます。 これにより、生産と事業時間、製品とサービス市場に発場時間を短縮されます。

プライベートクラウドを構築するためのソリューションを探していて、関連サービスに関するアドバイスが必要の場合は、[email protected]に連絡して無料のサポートを受けてください。

サポートについては、お気軽にお問い合わせください。