メールサービスの利用規約

VinaHostは、電子メールサービスのサービス使用について一般規則を加えて、電子メールホスティング、電子メールサーバー、電子メールマーケティング、電子メールリレーサービスごとに個別の規則を定めています。

1.一般規制

1.1. Vinahostでホストされている電子メールサービスを使用して、スパム、広告、バルクメール、マスメール、爆弾メールなどの送信を悪用することは許可されません。当社は、違反または影響の重大度に応じて、サービスを一時停止または終了し、返金しない場合もあります。電子メールサービスのサーバーリソースの制御およびウイルスに悪用されるか行為などいかなるの原因でも、スパム電子メールの送信は一切受け付けません。

1.2.電子メールアカウントを使って外部Eメール送信を管理するのは顧客自身の責任です。 スパム、広告、バルクメール、マスメール、爆弾メールなどの結果により、IPアドレスがスパム対策組織によってブロックされた場合は、顧客自身は責任を負います。

評価の良い国際ブラックリスト組織:世界には多くの国際的なスパム対策組織があります。ただし、サービスプロバイダーがよく使っている次の3つの組織についてのみ言及します。

1.3.当社が提供するウェブメールインターフェースを一般使用目的として適切に構成および実装していることを理解し、納得します。独自の需要に従ってWebメールインターフェイスを変更することが対応できません。

1.4.当社が提供するメール管理ツールで利用可能な機能のみを使用してください。当社は、大多数のユーザーに最高の評価の機能を提供するよう努めております。したがって、顧客自身の要件や需要に従ってカスタマイズできません。

1.5.ウイルス対策フィルターは、疑わしい添付ファイルやウイルスありの添付ファイルから潜在的に有害な添付ファイルを防ぎます(たとえば、拡張子がexe、com、iso、jar、vbs、bat、pif、scr、hta、js、cmd、chm、ade、adpの添付ファイル) 、cab、ins、isp、jse、lib、mde、msc、msp、mst、msp、nsh、sct、shb、vxd、wsc、wsf、cpl、jsp、reg、vbe、lnk、dll、dmg、sys、btm 、msi、prf、wsh、vbなどある添付ファイル)。

ファイルが安全であることを確認できた場合は、送信者にファイルをGoogleドライブ、OneDrive、Dropboxなどにアップロードするように依頼できます。次に、ファイルをドライブの添付ファイル(共有可能なリンク)として送信します。

1.6. ホスティングパッケージ(Linuxホスティング、WPホスティング、Windowsホスティングなど)に付されたメールサービスおよびクラウドサーバーの場合について

次の理由により、Cloud ServerサービスサーバーにインストールされているEメールまたはホスティングパッケージに付けたEメールサービスの最適化パフォーマンスと安定性を保証しないことを理解し、同意する必要があります。

  • サーバー上で動作しているWebサイトは、悪意のあるコード、ウイルス、フィッシングリンクを挿入するために悪用される可能性があるため、Webサイトのセキュリティホールを介して、IPアドレス全体、さらにはIP範囲全体に影響を及ぼす場合もあるので、クラウドホスティング/クラウドサーバーサーバーのIPアドレスは簡単にブラックリストに登録されてしまうこと。
  • 電子メールサービスは、Webサイトとデータベースのパフォーマンスを優先するため、パフォーマンスが低くなること。
  • システム上のサーバーリソースと最適な構成は、主にWebサイトに使われること。
  • 電子メールの保存は、主にWebサイトとデータベースの保存に重点を入れるため、少なくなること。

2. 電子メールサーバーサービスの使用に関する規制

Vinahostは、顧客の要件と基準に従ってサービスをカスタマイズできます。 ただし、第1条の一般規制を理解し、遵守する必要があります。違反した場合、Vinahostはサービスを一時停止または終了する権利を有し、違反程度および影響度に応じて返金しません。

電子メールサービスのサーバーリソースの制御およびウイルスに悪用されるか行為などいかなるの原因でも、スパム電子メールの送信は一切受け付けません。

電子メールサーバーサービスのいくつかの一般的な規定:
  • 規制の制限:200メール/時間および300-500メール/日。
  • 制限は、顧客が有効な電子メールを送信する頻度に応じて微調整できます。
  • アクティベーション後の電子メールサーバーサービスには、2つのプライベートIPが提供されます。1つはメールアカウントの管理、Webメールへのアクセスとメールの受信(IP Base)、もう1つはメールの送信専用IP(IP Mail)です。
  • 監視システムがメールの送信が指定された制限を超えたことを検出した場合、またはスパムを識別した場合、メール送信専用IP(IPメール)は一時的にブロックされ、スパムアクションを検討するように顧客に通知します。
  • スパムを特定するアクションが継続的に発生し、3回続けてブロックされると、専用のIPレピュテーションが取り消され(IPメール)、サービスは通常のIPを使用したメールの送信(IPベース)に切り替わります。
  • 送信動作がアクティブなプロモーションメールである場合、顧客は必要に応じてメールを送信するために追加のメールマーケティングサービスパッケージを購入することを検討できます。メールサーバーからのダイレクトマーケティングはありません。

3. メールホスティングサービスの利用に関する規制

  • 各メールは1時間あたり300通を超えるメールを送信することはできません。 送信するメールが多すぎると、4時間後にブロックされ、自動的にブロックが解除されます。
  • メインユーザーは、顧客が購入するサービスパッケージに応じて、日付制限(日付制限はドメインによって計算されます)を超えて送信することはできません。 送信しすぎると、ユーザーは明日ロックされ、自動的にブロックが解除されます。
  • Eメールマーケティング、Eメールリレーおよびその他のホスティングサービスパッケージへの変換はサポートされていません

4.電子メールマーケティングサービスの利用に関する規則

電子メールマーケティングサービスの仕様書:

毎月送信メール数 サービスパッケージによって異なります
メール容量 10MB
送信に使用されたメールの数 単一のメールアカウントからのみメールを送信
変換サポート EメールリレーパッケージまたはEメールホスティングサービスへの変換にサポートなし

4.1スパム対策ポリシー(Anti-Spam

VinaHostのサービスを使用して送信される電子メールは、次のことを守らなければなりません。

  • サービスを使用して送信される各メッセージには、受信者が顧客からの電子メールを受信したくない場合に「メール受信拒否」(unsubscribe)できるように、リンクがある
  • 顧客は、送信された電子メールメッセージに、電子メールメッセージの全体に関する欺瞞的または誤解を招くようなコンテンツが含まれていないことに同意するものとします。
  • 顧客は、送信アドレスと返信アドレスが合法であることに同意します。
  • 顧客は、送信されたたコンテンツがベトナム社会主義共和国の法律に違反していないことに同意します。
  • nguyenvana@domain.com.など個人の電子メールアカウントを使用する方がより効果があるため、できるだけsales@domain.comなど非特定の電子メールアドレスを使いません。

VinaHostは、電子メールを送信する前にスパムの内容確認用ツールを顧客に提供します。 キャンペーンを送信する場合、VinaHostでは、顧客の電子メールコンテンツのSPAMスコアが常に2未満旨要請します。SPAMスコアが2を超える電子メールはシステムによって保持され、外部に送信することはできません。

4.2送信リスト

VinaHostは、顧客のリストが高い信頼性(有効なアドレスが95%以上)を持っていることを要求します。 リストの信頼性を高めるように、顧客は不明なソースのリストを使用してインターネットで検索することは許可されていません。 Vinahostは、電子メールアドレスの有効性を確認し、顧客が送信する前に、顧客の電子メールリストをシステムに入力します。

4.3アカウントロック

顧客が次のいずれかの場合に違反した場合、VinaHostはアカウントをロックします。

  • 送信メールエラー率が> 5%
  • スパムメール率> 1%
  • スパム対策ポリシーに違反
  • メール送信がサービスパッケージで指定された数を超える

4.4アカウント再開

アカウントを再開するには、サポートスタッフのsupport@vinahost.vnに連絡して、サービス再開・確認時間が24時間以内となります。

5. 電子メールリレーサービスの利用に関する規制

電子メールの仕様書:

毎日送信メール数 300
メール容量 30MB
送信用メール数 無制限
変換サポート 電子メールマーケティングまたは電子メールホスティングパッケージへの変換にサポートなし

VinaHost

LiveZilla Live Chat Software